MotorLand SINCE1989
CONTENTS MENU
 
よくある質問
知恵袋
俺にも言わせろ
ユーザーレビュー
5大ポイント+1 厳選在庫車 オーダー販売 買取査定 会社紹介 アクセスマップ お問い合わせ リンク TOP
TOP > よくある質問
Frequently Asked Question よくある質問
Q1 輸入車は壊れやすいと言うのは
本当でしょうか?
Q2 輸入車は安全ですか?
Q3 輸入車の燃費は悪い?
Q4 輸入車の修理代や整備費用は
高いと聞きましたが?
Q5 輸入車の購入諸費用は
国産車より高いのでしょうか?
Q6 中古車センターで買っても
ディーラーで整備できますか?
Q7 遠方で輸入車を
買いたいのですが・・・
Q8 購入時に必要な書類は?
Q9 検2年付、記録簿付とは?

A2 安全に対する考え方や、取り組みは非常にレベルが高いと思います。

車種や国によっても安全という考え方は違いますが、ドイツでは70年代の後半より、安全対策の研究が本格的に行われました。日本で言うところの運輸省やJAF、警察、大学、病院等と自動車メーカーが一体になって、「如何に交通事故による死者を減らすか」をテーマにした研究を行なっています。危険回避の方法も研究され、走行時の姿勢安定、衝突前の危険回避性能や装備、オフセット衝突や横転など入力方向の実験、衝突時のエネルギーの吸収および生存スペースの確保、衝突後のエアバッグをはじめとした安全装置の研究なども、日本よりかなり以前に実施されるなど、安全に対する考え方や取り組みは規模も大きく、奥深いものになっています。
フランス車なども、一見弱そうな印象はあってもデータ的には決して低くありませんし、現在ではドイツ車や日本車と比べて遜色のない結果どころか、車種によってはむしろ上回っていたりします。
(ユーロNCAP公表によるテスト結果)

高速道路の平均速度等、日本より高い速度で移動が可能な環境である為、ABSなども国産車が取り組む以前に採用されていました。日本ではここ5年ぐらいの間にABS、エアバッグなどが注目され始めましたが、日本の場合は「安全装置がついているから安心。」 という認識からか、ひたすら装備している事ばかりを強調する傾向にあるようで、怖いように思います。
エアバッグが作動した事による死亡例もあるように、ただ「装備されているから安全だ。」 と簡単に納得するのではなく、性能に対する正しい認識を持つ事が大切であると思います。
COPYRIGHT (C) MOTORLAND ALL RIGHTS RESERVED.
よくある質問 知恵袋 俺にも言わせろ ユーザーレビュー